中古パソコンはネット通販or実店舗のどっちで買うべき?

「安くパソコンを手に入れたい」「中古のパソコンだとすぐ壊れてしまうのでは…?」と思いながらいろいろ調べている方もいると思います。

中古パソコンは、新品の商品を購入するよりも安く購入できる分、粗悪品が多いのでは?と思う人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、選び方などをしっかり覚えておけば新品同様、長く使うことが出来ます。

今回は、そんな方々に必見の中古パソコンの選び方&買い方をお教えします。

≪中古パソコンはネット通販or実店舗のどっちで買うべき?≫

中古パソコンを取り扱っているお店は、ネットサイトや実店舗など様々です。ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

~ネットサイトのメリット・デメリット~
・メリット・
・複数の店舗の値段を簡単に比較できる
・ほしい商品を探しまわらなくてよい
・全国の商品を注文できる
・実店舗より比較的安く購入できる
・時間を気にせず購入できる
・実店舗より在庫種類が豊富
・持ち歩く疲れがない

・デメリット・
・購入の際、商品を実際に確認できない
・購入から商品到着まで時間がかかる
・偽の情報が記載されている場合がある
・店舗とのやり取り、対応に時間がかかる
・知識がなくても販売ができる

~実店舗のメリット・デメリット~
・メリット・
・実際の商品を手にとって確認ができる
・店員からのやり取り、質問が直接可能
・サポートや保証などを受けられる(店舗による)
・動作確認などを目の前で行ってくれる
・カスタマイズの対応をしてくれる(店舗・商品による)

・デメリット・
・目当ての商品がないことがある
・いろいろな店を回らなければいけない
・態度の悪い店員がいる
・必要のないときでも店員が話しかけてくる

以上、メリット、デメリットを一覧にしてみましたがどうでしょうか?
ネットサイトでも実店舗でもそれぞれ良いところ、悪いところがありますが、しっかりとした選び方などを分かっていれば失敗することは少ないでしょう。
では、どの様な選び方、注意をすればパソコン選びを失敗せずに済むのでしょうか?

≪中古パソコンの正しい選び方・注意点≫
中古パソコンを購入する際、金額や見た目の好み、使い勝手など、見るところは多々ありますが、特に注目するところは自分の必要とするスペックが備わっているか、必須付属品が付いているか、店舗で返品・交換の保証を行ってくれるか、などがあります。

スペックについては説明が多い為、後程説明させていただきますね。

・金額
安くて使えればいいや、という方も多いと思います。

ただ、中古品にはしっかり使えるものもあれば、うまく反応しない、画面が映らないなど欠陥品も多くありますので、値段とスペック、発売年代など全てをみて安すぎる、と考えるならば購入は一度考えるべきでしょう。

また、前使用者の使用頻度などが分かればそちらも一緒にみて考えるといいですね。

・見た目
こちらは絶対に注意する、というものはないでしょう。

自分の好きな見た目だったり、色を選べば後々愛着が沸いて長く使うこともあるでしょうし、購入者の自由です。

・使い勝手
ノートパソコンの場合、キーボードやタッチパッドは本体についていますので、押し心地やキーパッドが正常に作動するかなどを確認しましょう。

デスクトップの場合、色々な種類のものがありますので自分の用途に合っているか、置き場所外に困らないか、などがあげられます。また外付けのマウスやキーボードを用意しなければいけないので、接続するためのUSBポートが動作するかなども確認したほうが良いでしょう。

他にも、仕事で使用するのか、プライべートで使用するのかで選ぶポイントは少し変わってきます。

・付属品
商品によって、「本体のみ」で販売されている物もいくつかあります。

その場合、自分で対応した付属品を購入する必要がありますので、まだ対応している物が販売されているか、などを確認してから購入すると良いでしょう。

・各種保証
パソコンは精密機器になりますので、落としてしまったり濡れてしまうだけで壊れてしまいます。

また、購入後に家に帰って商品を確認したら破損していた、なんてこともあります。そんな時、保証に入っていない場合全て自己負担。一から探して購入しなおすことになってしまいます。
保証に入っていれば修理や交換、返金などに対応してもらえるので必ず保障に入

れるお店から商品を探してくださいね。

ここまで、パソコンの外見的なものなどに重点を置いて説明しましたが、次はパソコンのスペックなどについて説明します。

≪知っておきたいパソコンのスペック知識≫
スペックについては難しい専門用語などもありますので、初心者の方にもわかりやすく説明しますね。

おそらく、新品・中古品関わらず覚えておくと役に立つでしょう。

~種類~
パソコンといっても様々な種類がありますので、一つずつ紹介します。

・ミドルタワー/ミニタワー パソコン
このパソコンは据え置き型パソコンとして一番知られている物です。セパレート型とも呼ばれ、ほとんどの人がデスクトップパソコンと聞いたらこのミドルタワー(ミニタワー)パソコンを想像するでしょう。
本体と液晶画面が分かれており、好きな液晶に変更できるのが便利な特徴です。
また、本体が大きい分グラフィックボード(後程詳しくお話しします。)など、追加パーツを積むことが出来ます。

・ディスプレイ・本体一体型パソコン
本体と液晶が一体となっており、今まで別々に置いて場所を取っていた本体が無くなった分スペースを選ぶことが少なくなっています。
ただ、その分不便なこともあり、ケースを開けられない使用になっていることがほとんどです。ですので、セパレート型でできたパーツ追加や交換などを自分たちでは行えず、修理に出す際もまとめて出さなければいけないので少し不便です。

・スティック型パソコン
ディスプレイやHDMIを使えるテレビなどがある場所であればどこへでも持ち運べるのが特徴です。キーボードなどの周辺機器も必要になりますが、圧倒的に持ち運びは便利です。
ただ、容量がほかの型に比べると少ないので、ソフトなどをDLしたいとなったときは本当に必要なのかなど取捨選択が必要になります。

・ノートパソコン
デスクトップまでの容量はありませんが、ソフトのDLなどもできますし、バッテリーで動くので電源コードの煩わしさも少なく、停電の際にも使用することが出来ます。
また、キーボードやタッチバッドなども元からついているので、ノートパソコン一台を買えば基本作業は出来ます。

・タブレット型パソコン
最近多く流通するようになり、色々な会社でも使用されることが多くなっています。
タブレット型は、ノートパソコンに比べると薄さや重さが格段に軽減されており、値段も比較的安くなっています。また、タブレット式はスマートフォンに似ておりタッチ操作でも操作できますので、スマートフォンが主流となった現代ではタブレット型のほうが使いやすいという方もいます。
ただ、ノートパソコンとして使う際、画面タッチで動くとはいえキーボードやマウスが必要と思う人もいますので、周辺機器を買い足すことを考えるとノートパソコンを購入する方が安く済む場合もあります。

~CPU~
CPUは、人間の脳のような部分で、制御と演算などを行っています。IntelやAMDなどが有名な会社としてあり、どこかで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
CPUの性能は会社によって違い、世代やモデルによってもかなりの差が出てきます。
シェア率の高いIntelだと、Core~などのシリーズがあり、その中でも型番が世代ごとにいくつも分かれています。シリーズや世代によって、最高値や値段にかなりの差があり、快適に様々な作業でパソコンを使いたいのでしたらCore i~以上、ネットサーフィンのみなどで、格安をお求めならCeleronで十分かと思います。

~OS~
OSは、WindowsシリーズやMac OS、Linuxなどがあり、購入するパソコンによって対応も様々です。パソコン内の全体的なシステム管理・制御を行うオフトウェアで、入っていなければ機能してくれませんので購入時には必須となります。
中古パソコンだと、OSがもとから入っているものがほとんどですが、中には入っていないものもありますので、もしOSなしを購入してしまった場合はOSを別途購入となります。OS事態の中古での購入は違法となり、出来ないため新品を購入することになります。しかし、OSの新品は高額でもう一台パソコンが購入できてしまうような値段ですので気を付けましょう。
また、OSが入っていてもサポートが終了している物、もうすぐ終了するものもあります。
・Windows7は2020年1月14日
・Windows8/8.1は2023年1月10日
にサポートが終了しますので買う時期を間違ってしまうと買ってすぐに使えなくなってきまう、なんてこともあります。
7は、OSとして登場してから今まで、使いやすく根強いファンがいますので、現在でも高く取り引きされています。
8と8.1は使い勝手が悪いと言われており、PCがもっさりとした動きのせいで重くなってしまうので、8でしかできないことをしたい場合以外は他のOSを選んだほうがよさそうです。
10は8からの改善がしっかりされているので、使いやすくなっています。また、最新OSですので、サポートやアプリケーションの対応が多くされています。また、すぐにサポートが終了することはないので、買ったけどすぐに使えなくなった、なんてことはないでしょう。
プラスして、Windowsにはbit数というものがあり、32bitと64bitが用意されています。32bitのほうが少しですが安い為、何も知らないで買うと安い方を選びがちです。Bitというのは、一度にどのくらいの情報処理が出来るかという数値です。Bit数が高いほど処理量が多く、その分だけパソコンの速さも速くなります。また、それぞれのbit数によって認識できるメモリも変わってくるので、メモリ買い足そうと思っている方はこのbit数を確認してから購入しましょう。ちなみに、32bitだと2~4GB、64bit  だと8GB ~2TBです。処理の仕方については、話してしまうととても長くなってしまうので割愛させていただきますね。

~メモリ~
メモリは、主記憶装置とも呼ばれ、CPUの次に大事な部分とも言えます。
皆さんは机に向かって勉強や作業をすることがあるでしょうか?そんな場面を想像してみてください。小さな机では広げたいものも思うように広げられず、作業効率が格段に落ちますよね。これが、とても広い机ならどうでしょう?パソコンや資料、辞書など様々なものを広げ色々なもので調べながら作業が出来ると思います。メモリとは、その作業机で容量が大きくなればなる文だけ机が広くなり、作業効率が上がります。
ですので、CPUをかなり良いもので選んでも、メモリ数が少なければパソコンの処理速度はかなり遅くなります。

~その他~
上記に加えて、パソコンによって搭載されていると便利なものがいくつかありますのでご紹介します。

・無線LAN・Bluetooth
最近のパソコンでは、ついている物がほとんどなのですが、たまについていないものなどもあります。
特に、外でノートパソコンを使いたい方は無料Wi-Fiなどに接続したり、スマートフォンなどからデザリングやWi-Fiを飛ばしてネットを使おうと思った際、無いと不便になるかと思います。
どちらとも、外付けの物を購入して対応することは可能ですが、元からついている物を購入した方がUSBポートをほかの物に避けるので良いと思います。

・DVD・CD ドライブ
中古パソコンを購入する方の中には、DVDプレイヤーとして、またはiTunesなどで音楽を管理したい方がいると思います。
こちらも付いていない物や、購入後にディスクが読み取れないなどの不良がありますので、しっかり確認して購入することをオススメします。
また、DVDに関してはブルーレイ非対応の物もありますので、そちらも一緒に確認して購入するのが良いでしょう。

≪用途別に!アナタに最適なパソコンのスペック(大見出し)≫
ここまで長々とお話ししてきても、結局自分に合ったパソコンはどれなんだろう…?と悩む方も多いかと思います。
ですので、これから用途別にどの程度のスペックを持つパソコンを購入すればよいのかを紹介していきます。

~ネットサーフィン・メールなど~
ネットサーフィンやメールなどメモリなどにかかる処理や負担が多くなく、使用頻度もそれほど多くない場合、ノートパソコンでもデスクトップでも好きなものを選ぶと良いでしょう。
ただ、この条件で探すとノートパソコンの中古流通が多い為、ノートパソコンの方が探しやすいと思います。
・CPU→Celeron、Pentium、Core M、Core i3
・メモリ→4GB以上

~カフェや職場などで使用~
外で仕事や勉強のためにパソコンを使う際は、処理能力の高めなノートパソコンを選びましょう。
また、外でネットに繋げる事も考えて無線LANやBluetooth対応の物を選ぶと快適に使用することができます。
・CPU→Core i3、Core i5、Core i7
・メモリ→8GB以上
・無線LAN・Bluetooth対応

~ネットビジネスをしている方~
ネットビジネスをしている方は、処理が早く、メモリが多いものが良いでしょう。
また、パソコンはミドルタワー型がいいかもしれません。ミドルタワー型はパソコンのスペックが物足りなく感じた際にメモリの増設やGPUなどを搭載することができるため、後の対応が可能です。ただ、CPUなどは後から変えるとなると結構大変ですので、少し上の物をあらかじめ買っておくのもおすすめです。
・ミドルタワー型
・CPU→Core i5、Core i7
・メモリ→8GB以上
・無線LAN・Bluetooth対応
・モニター

~パソコンゲームをする方~
パソコンゲームの内容によりますが、DL専用ゲームなどになると高スペックが必要になってきたりするので、少々値段は上がります。
また、ノートパソコンでやろうとすると出来ないことはないですが、発熱でパソコンが止まったり、落ちてしまったりということもありますので、デスクトップのような排熱がしっかりしている物を選ぶと良いでしょう。
こちらも、あとからメモリやGPSの増設が可能なミドルタワー型がおすすめです。
また、FPSなどを行う場合はゲーミング用キーボードやマウスなどを購入した方がやりやすいかと思います。
・ミドルタワー型
・CPU→Core i7
・メモリ→16GB以上
・無線LAN・Bluetooth対応
・モニター
・ゲーミング用キーボード・マウス


まとめ
さて、ここまでいろいろなパソコンやスペックなどについて説明してきましたが、少しは疑問など解決できたでしょうか?
私としては、はじめは店舗でしっかり実物とそこに記載されているスペックなどを見比べながら選び、慣れてきたりすればネットで選ぶ、というように行うと良いと思います。ネットの方が種類が豊富で、低価格高スペックのパソコンなども多く置いてあります。ただ、その分粗悪品を掴まされる事もある、ということも覚えておいてくださいね。
また、本文には書きませんでしたが外国製のパソコンより日本製のパソコンをオススメします。日本製の方が製品としてもしっかりしており、保証もしっかりしているからです。
以上のことを踏まえて、より良いパソコン選びをしてくださいね。